最近の記事

摂理のバイブルスタディー「啓示論」万物啓示によって助かった

摂理のバイブルスタディーには啓示論があります。
啓示とは神様から人間に向かうメッセージであり、啓示には様々な種類があります。
その中に万物啓示があります。
万物啓示とは万物という目に見えるものを通しての神様からのメッセージになります。
今日はその万物啓示によって命が助かった人の話をご紹介します。
神様の啓示

神様の啓示

その方は家から教会までの道のりをいつも自転車で行き来していました。
ある日、自転車に乗って教会に向かっているとカラスが飛んでいました。
カラスを見てその方は何か悪いことが起こるのだろうかと思って、事故が起こるのではないかという考えが頭によぎりました。その日はヘルメットをかぶっていなかったので、来週教会に行く時にはヘルメットをかぶるようにしようと思ったそうです。その日は気をつけて運転して事故に遭うこともなく教会に着くことができたそうです。
何もなかったので一週間の間、このことを忘れていたそうです。
一週間後...

一週間後…

そして一週間後…
一週間後に教会に行こうとした時、パッと先週のことが思い出されたそうです。
それで玄関にかけてあったヘルメットをかぶって教会に向かうようになりました。
そして信号待ちをしていた時にその事件は起こりました。
信号が青に変わって隣にいたトラックが直進するはずだったのに、急にそのトラックのドアが開きました。
そのドアがその方の背中に当たってしまったそうです。
そして倒れて頭が電信柱に当たってしまいました。
そしてそのまま気を失って気づいた時には病院のベットの上だったそうです….
検査の結果、ヘルメットをかぶっていたためこぶができただけで異常はなかったそうです。
となりのベットのおじいさんと話をしたところ、そのおじいさんの友人も同じような事故に遭ったがヘルメットをかぶっていなかったので亡くなったしまったそうで、あなたもヘルメットをかぶっていなかったなら確実に死んでいただろうと言っていたそうです。
神様が万物(からす)を通して啓示(メッセージ)を与えてくださったのでした。
そしてヘルメットをつけるように感動を与えてくださったのでした。
この事件を思うと神様の啓示・メッセージを軽視してはいけないと思います。
あなたに向かう神様のメッセージにぜひ耳を傾けてみてください。

About ichiro (411 Articles)
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活をする30歳。職業はネットワークエンジニア。 日本キリスト教福音宣教会で初のYouTuberとして活躍中(?)です。ぜひYouTubeも見てチャンネル登録してください。 映像編集と写真動画撮影、音響関係に興味があります。主な使用機材はDMC-GH4とDMC-GH3です。

1 Comment on 摂理のバイブルスタディー「啓示論」万物啓示によって助かった

  1. 小さな何かでも、神様からのメッセージだと思って大切にしていきます♪

Leave a comment

Your email address will not be published.


*