最近の記事

【鄭明析牧師について】道を作る

摂理ブログ_鄭明析牧師について_道を作る

摂理ブログ_鄭明析牧師について_道を作る

鄭明析牧師は山登りをよくされます。

その時にはいつも鄭明析牧師が先頭に立って行かれます。

そして道を作られます。

鄭明析牧師が道を作られる時、

必ず鄭明析牧師が初めに道に手をつけられます。

 

岩があれば岩をどかし、 枝があれば枝を切り。

 

そのようにして

鄭明析牧師はその道が完全に安全であることを確認してからでなければ、

絶対に人々にその道を歩かせることはさせません。

 

枝を切る時も自分の背丈よりも高いところまで枝を来られます。

 

なぜでしょうか。

鄭明析牧師よりも背が高い人のことも考えて、

高いところの枝までも切るようにされます。

注意をしない人のことも考えて、

小さな石さえもどかされます。

 

細かくて気付かないような心遣いがとてもあたたかい鄭明析牧師です。

そんな鄭明析牧師のような配慮ができる人間に私もなりたいと思います。

 

最初に何かをはじめるというのはとても難しいことです。

うっそうとした山道を切り開いて道を作るのも簡単なことではありません。

摂理という道を先頭に立って歩まれた鄭明析牧師ですが、

一人からはじめたその苦労はどれほどだったでしょうか。

その苦労に比べると後からついていく私たちはあまりにも楽です。

指導者は犠牲だと鄭明析牧師はおっしゃいます。

誰よりも犠牲を負って、私たち一人一人を愛してくださるその姿に、

キリストの愛があります。

 

==摂理ブログ 鄭明析先生と共に==

道を作る


About ichiro (411 Articles)
摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活をする30歳。職業はネットワークエンジニア。 日本キリスト教福音宣教会で初のYouTuberとして活躍中(?)です。ぜひYouTubeも見てチャンネル登録してください。 映像編集と写真動画撮影、音響関係に興味があります。主な使用機材はDMC-GH4とDMC-GH3です。

6 Comments on 【鄭明析牧師について】道を作る

  1. 鄭明析牧師が実際に道を作られているところは見たことがありませんが、この記事で実体的に想像することができました。
    自分の背丈よりも高いところまで……とても先生らしいですね。

  2. 感動しました。自ら一番辛い先頭になって進められる鄭明析牧師のその姿には、まさに犠牲の精神と、道を通るすべての人たちを思うキリストの愛を感じるしかありません。自分もそうなりたいと思います。

  3. 人の顔の高さに伸びた枝を払い、山道を行く時の相応しい荷物の量までアドバイスして、道を作った上にどうしたら最後まで歩き通せるかまで教えてくれて。
    その時に何を見せて下さったのかをもっと分かることが出来たなら…。思い出すと胸が熱くもなり、痛くもなります。

  4. 鹿児島の西郷ど~ん // 2015年7月16日 at 12:27 // 返信

    うーむ、私の甘ったるい自分中心根性叩き直したい!と感じました。犠牲、愛、等 言葉で語るのは簡単だけど、実践は。。。深くて深い鄭明析牧師のエピソードですね。

  5. 私が知る限り、このような人いません。
    ひとによって好き嫌いが出てくるはずなのに、どんなひとに対しても気を使ってくださる素晴らしい方ですね。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*